やっぱりモンブラン

大好きないもくりなんきんについて綴るブログ

薄皮にホクホク餡がたっぷり。天然たいやき!鳴門鯛焼本舗

つい最近まで溶けるような暑さでしたが、急に秋の訪れを感じる日が増えてきましたね!

秋がそこまできてるんだなーと実感です。

秋がきているということは、そう!いもくりなんきんの季節です!!

去年よりもさらにたくさんの芋・栗・南瓜を使った商品、スイーツなどなど紹介していきたいと思いますヽ(=´▽`=)ノ

今日は、初めて食べた天然たいやき「なると金時いも」をご紹介します。

天然たいやき!鳴門鯛焼本舗

鳴門鯛焼本舗

様々なメディアでも紹介されている人気の鯛焼屋さん。

ちょっと出かけた先にたまたまあり、迷うことなくすぐに買いました!鯛焼大好き!

天然たいやきとは?

一匹ずつ丁寧に焼く「一丁焼き」という焼き上げ製法のことをいいます。鯛焼職人が一丁2キロもある焼型に生地と餡をのせ火床の上でガチャガチャと移動させ直火で丹精こめて焼き上げます。

引用:http://www.taiyaki.co.jp/tennen.html

「一丁焼き」っていうのはこちらのことです。

1枚の鉄板で大量に焼くのではなく、1匹ずつ焼くので「天然」って呼ばれているらしいですね。

テレビでは見たことがあったのですが、本物を見るのも食べるのも初めてでした!

天然たいやき「なると金時いも」

たいやきは「十勝産あずき」と「なると金時いも」そして季節限定の「りんご」もありました。

迷わず「なると金時いも」にしましたよ!

天然たいやき「なると金時いも」

キレイな焼き加減!頭から頂きます。

天然たいやき「なると金時いも」

鳴門金時芋をふんだんに使用した贅沢な餡は、お芋の美味しい甘さと豊かな風味が美味しい。

薄めの皮にたっぷりと餡が入っているので満足度もばっちりです。

天然たいやき「なると金時いも」

尻尾までしっかりと餡が入っていました。

さいごに

今回食べた鳴門鯛焼本舗のたいやき「なると金時いも」は、ここ最近で一番のお気に入りになりました!

本当に美味しかった。。

店舗も各地にたくさんあるようなので、気になる方はぜひ食べてみてください!

今度はお持ち帰りでたくさん買って帰ろうと思います(^^)